• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第37回>いつの間にか大阪弁の輪の中心にいた

 夏の甲子園後に行われるU18世界選手権。甲子園で活躍した選手を中心に全国から代表が選ばれるものの、大半を関西出身者が占める。

 藤浪、北條(ともに現阪神)、田村(現ロッテ)らを中心に構成された12年の日本代表もしかり。青森の光星学院にいた北條、田村も大阪出身。ナインの間では自然と大阪弁が飛び交っていた。

 そんな中に岩手出身で、岩手育ちの大谷が入る。U18に出場する選手をチェックしに韓国に渡った日本ハムGM(現スカウト顧問)の山田正雄は、「性格を見極める絶好の機会でした」とこう言った。

「大阪弁は独特じゃないですか。一方的にまくしたてられたら、ボクらでも気後れするというか、ひるんでしまうようなところがある。そんな中に東北育ちで、ひょろひょろっとした大谷が入っていってどんな反応を示すのか。そもそも大阪弁の輪に入っていけない選手もいますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  3. 3

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  6. 6

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

もっと見る