• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第37回>いつの間にか大阪弁の輪の中心にいた

 夏の甲子園後に行われるU18世界選手権。甲子園で活躍した選手を中心に全国から代表が選ばれるものの、大半を関西出身者が占める。

 藤浪、北條(ともに現阪神)、田村(現ロッテ)らを中心に構成された12年の日本代表もしかり。青森の光星学院にいた北條、田村も大阪出身。ナインの間では自然と大阪弁が飛び交っていた。

 そんな中に岩手出身で、岩手育ちの大谷が入る。U18に出場する選手をチェックしに韓国に渡った日本ハムGM(現スカウト顧問)の山田正雄は、「性格を見極める絶好の機会でした」とこう言った。

「大阪弁は独特じゃないですか。一方的にまくしたてられたら、ボクらでも気後れするというか、ひるんでしまうようなところがある。そんな中に東北育ちで、ひょろひょろっとした大谷が入っていってどんな反応を示すのか。そもそも大阪弁の輪に入っていけない選手もいますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事