寺井千万基
著者のコラム一覧
寺井千万基

1951年6月、北海道出身。73年伊藤修司厩舎所属として騎手デビュー。JRA顕彰馬のうち唯一の障害馬グランドマーチスの主戦騎手として活躍。騎手引退後は伊藤修厩舎の調教助手。2000年同師の引退に伴い、鮫島一歩厩舎へ移籍。ハギノカムイオー、スーパークリークなど数々の名馬を育て上げ、16年定年により調教助手を引退。通算171戦31勝(すべて障害戦、うち重賞6勝)。

シルクフェイマスは悪癖で手を焼いた

公開日:
シルクフェイマスは04年京都記念に買って5連勝(右から鮫島師、四位騎手、持ち乗り、筆者)/(C)日刊ゲンダイ

 2004年の日経新春杯はシルクフェイマスが6馬身差の圧勝。鮫島厩舎に初の重賞Vをもたらしてくれたが、この馬はとんでもないかかり癖があった。頭を上げると人間の鼻筋にあたる部分(鼻梁)を押さえつけるキネトン(鼻革)という矯正馬具がある。それを着けても全くダメ。テキ(調教師)から「(…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る