弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【日曜京都11R・日経新春杯】メイショウテッコン絶好仕上げ

公開日:  更新日:

 19年シーズンは開幕週で6勝のまとめ打ち。好発進を切った武豊がメイショウテッコンで、今年の重賞初勝利といく。

 昨年1月の梅花賞①着以来のコンビ結成。まだデビュー3戦目で脚質が定まっていない中、ジワッとスピードを乗せて1角でハナへ。直線はエタリオウの追撃を鼻差封じ込めてみせた。

「調教に1回乗ってもらってましたが、大跳びの馬の持ち味を引き出してくれました。あのレースが今につながっていますね」

 こう振り返るのは中塚助手だ。

 その後は武豊の手から離れ、GⅢラジオNIKKEI賞を勝ち、GⅡ神戸新聞杯で③着。ダービー馬ワグネリアンらと接戦を繰り広げるまでに成長を見せている。

 菊花賞⑭着の疲労を抜いて12月12日に帰厩。

「神戸新聞杯のプラス14キロは回復しただけ。今は510キロを超えているし、本当の意味で幅が出てきました」

 入厩当初は馬体を持て余すところもあった。しかし、1週前には他厩舎の併せ馬に合流する形でCウッド1F11秒9をマークした。
「まだ目標は先ですが、過不足なくやれてます。特にここ1、2週は数字以上に負荷をかけていますから」

 仕上げに合格点ジャッジだ。

 京都二千四百メートル外回りは梅花賞と同じ。1年の成長を武豊に感じ取ってもらうには絶好のタイミング。持ち味を存分に引き出して、先頭ゴールを決める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る