弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【エリザベス女王杯】ぶっつけの不安を一掃 モズカッチャン2連覇だ

公開日:

 本命は昨年の覇者モズカッチャン。

 昨年は直線で末脚炸裂。3頭横並びの接戦を首、頭差で制し、初GⅠタイトルを手にした。今年は3戦して④⑥③着。未勝利ではあるが、むしろ地力強化を感じさせる。

 2月の京都記念④着から、3月には初の海外遠征。ドバイシーマクラシックで世界を相手に⑥着と善戦した。

 そして、帰国初戦の札幌記念は③着。道中16番手の“ない”位置から、直線は馬群をさばきながらメンバー最速の末脚を発揮。勝ったサングレーザーとは同タイムの僅差だった。天皇賞②着馬と互角の走りは地力アップの証明である。

 問題は前哨戦に予定していた府中牝馬Sを熱発で回避したことか。ローテーションの狂いに不安がよぎったが、そんな思いを吹き飛ばしたのが最終の坂路追いだ。

 開場から1時間半近く経過した荒れた馬場で4F54秒4。ラスト1Fも一直線に伸びて12秒5で駆け上がった。

「重い馬場でもしっかり動けました。熱発で1週間ほど楽をさせたけど、トータルでは2カ月近く乗っています。今年で一番の状態ですよ」と担当の古川助手は胸を張る。

 それなら大丈夫。史上4頭目の快挙、連覇達成だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る