弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【エリザベス女王杯】ぶっつけの不安を一掃 モズカッチャン2連覇だ

公開日:

 本命は昨年の覇者モズカッチャン。

 昨年は直線で末脚炸裂。3頭横並びの接戦を首、頭差で制し、初GⅠタイトルを手にした。今年は3戦して④⑥③着。未勝利ではあるが、むしろ地力強化を感じさせる。

 2月の京都記念④着から、3月には初の海外遠征。ドバイシーマクラシックで世界を相手に⑥着と善戦した。

 そして、帰国初戦の札幌記念は③着。道中16番手の“ない”位置から、直線は馬群をさばきながらメンバー最速の末脚を発揮。勝ったサングレーザーとは同タイムの僅差だった。天皇賞②着馬と互角の走りは地力アップの証明である。

 問題は前哨戦に予定していた府中牝馬Sを熱発で回避したことか。ローテーションの狂いに不安がよぎったが、そんな思いを吹き飛ばしたのが最終の坂路追いだ。

 開場から1時間半近く経過した荒れた馬場で4F54秒4。ラスト1Fも一直線に伸びて12秒5で駆け上がった。

「重い馬場でもしっかり動けました。熱発で1週間ほど楽をさせたけど、トータルでは2カ月近く乗っています。今年で一番の状態ですよ」と担当の古川助手は胸を張る。

 それなら大丈夫。史上4頭目の快挙、連覇達成だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る