• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【アンタレスS】グレイトパール ようやく大舞台へのスタートライン

 540㌔を超える大型馬が骨折で11カ月ぶり――。それでもグレイトパールは強かった。

 アンタレスSは不良馬場とはいえ、千八1分49秒8の好時計。これでダートでの成績は6戦無敗になった。しかも、この勝利は先々のことを思うと非常に大きな意味を持っている。

 昨年5月の平安Sでは②着に4馬身差もの差をつけた。「この4歳馬の時代が来る」と誰しもが思ったが、その後は骨折で休養に。夏競馬を迎えた時、5400万円だった本賞金が半額の2700万円になった。

 そのため、今回の出走馬決定順ではフルゲートピッタリの16番目。ここで賞金を加算しないことには、先々は除外との戦いになるところだったのだ。

 もちろん、秋のGⅠ出走には、まだまだ賞金加算が必要だ。それでも、この勝利により、ローテーションがかなり楽になったのは確かである。

 さて、夏、秋とどこまで連勝記録を伸ばしてくるか。アンタレスSの勝利であらためて“時代到来”をアピールするものになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  9. 9

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  10. 10

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

もっと見る