【アンタレスS】グレイトパール ようやく大舞台へのスタートライン

公開日:

 540㌔を超える大型馬が骨折で11カ月ぶり――。それでもグレイトパールは強かった。

 アンタレスSは不良馬場とはいえ、千八1分49秒8の好時計。これでダートでの成績は6戦無敗になった。しかも、この勝利は先々のことを思うと非常に大きな意味を持っている。

 昨年5月の平安Sでは②着に4馬身差もの差をつけた。「この4歳馬の時代が来る」と誰しもが思ったが、その後は骨折で休養に。夏競馬を迎えた時、5400万円だった本賞金が半額の2700万円になった。

 そのため、今回の出走馬決定順ではフルゲートピッタリの16番目。ここで賞金を加算しないことには、先々は除外との戦いになるところだったのだ。

 もちろん、秋のGⅠ出走には、まだまだ賞金加算が必要だ。それでも、この勝利により、ローテーションがかなり楽になったのは確かである。

 さて、夏、秋とどこまで連勝記録を伸ばしてくるか。アンタレスSの勝利であらためて“時代到来”をアピールするものになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る