• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【皐月賞】レース後の談話

①着エポカドーロ(戸崎騎手) GⅠというのはいいものですね。クラシックも初めて勝てたし、とてもうれしいです。レース前に先生と作戦の打ち合わせをして“前に行く馬を見ながら”と話していました。実際、思い通りのいい展開でした。並んでやり合ってたので、“最高だな”と思っていましたよ。追い出したときはリズムの良さと手応えを感じていました。最後、馬は余裕でしたが、ボクはいっぱいいっぱいでしたよ(笑い)。距離が長くなってどうか、と思ってましたが、タフなコースで二千メートルをクリアしてくれましたからね。気性面もどっしりしてきたし、乗りやすさがあるので、ダービーへ皐月賞馬として胸を張って向かいたいと思います。

②着サンリヴァル(藤岡佑騎手) 悔しいです。思っていた以上に前が飛ばす展開。4角で勝ち馬に並べれば際どかったと思うんですが、スッと離されてしまいました。直線もモタれて立て直しました。それで②着は能力が高いですよね。でも、勝ち馬は最後、流していましたから……。

③着ジェネラーレウーノ(田辺騎手) (両サイドに)挟まれなかったら下げても良かったんですが、気分良く走れていたのでポジションをキープする形に。力まず走れていたし、最後までよく踏ん張ってくれました。

④着ステルヴィオ(ルメール騎手) 馬は一生懸命走ってくれました。スタートは速くないし、ペースも遅かったから後ろのポジションに。直線も反応は良かったけど、勝ち馬が止まらなかった。

⑤着キタノコマンドール(M・デムーロ騎手) 変な競馬になってしまった。外、外を回されてしまった。それだけね。

⑥着グレイル(岩田騎手) ゲートだけやな。出遅れがホント痛かった。最後はガーンと来てるだけに……。ちょっとピリピリしてたのもあるかな。ダービーまでにうまくガス抜きできれば、だね。

⑦着ワグネリアン(福永騎手) 落ち着きがあって雰囲気は良かった。3角から仕掛けたけど、最後まで加速が見られなかった。なぜだか敗因は特定できない。勝ち馬を射程圏に入れていたし、あの手応えでも伸びていた馬だけど、いつもの加速がなかった。

⑧着アイトーン(国分恭騎手) ためてもしょうがないので、自分の競馬を。緩い馬場でも気にせず走ってくれました。気持ちの面で幼いので、成長してくれば。

⑨着ジャンダルム(武豊騎手) スタートが痛恨だった。先行したかったが、ジャンプして出てしまった。馬場も上手じゃなかったね。次、巻き返したい。

⑩着タイムフライヤー(内田騎手) 行きすぎず、下げすぎず、馬場のいいところを運べた。ただ、どうしたのか結果を出せなかった。かぶせられたことがなかったのもあったかな。

⑪着ケイティクレバー(浜中騎手) これからの馬ですね。行かない形も身につけられれば、もっとレースの幅が出てくると思います。

⑫着オウケンムーン(北村宏騎手) ちょっと立ち遅れてしまって。ペースが上がらなかったのでチャンスは内からと。ただ、走っているうちにエネルギーを使って、坂を上がると余力がなかったです。

⑬着マイネルファンロン(柴田大騎手) スムーズに競馬ができたんですけどねえ。現状では厳しいようで。この先、成長してくれれば。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事