【皐月賞】⑤着キタノコマンドール大きな大きな鼻差

公開日:

負けても収穫

 1~3番人気に推されたワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドールの3頭はいずれも馬券圏外に沈んだ。

 ①~③着馬の4角通過は5番手以内。追い込みが利きづらい展開の中、人気の3頭は4角で12、13番手の大外から。後方で牽制しあったことで、仕掛けが遅れた感も否めなかった。

 ラストは猛追してきたものの、時すでに遅し。ステルヴィオが④着で鼻差⑤着がキタノ。ワグネリアンはゴール前で挟まれる不利もあり、⑦着に敗れた。

 果たして、この3頭は次のダービーで巻き返しがあるのだろうか。

 もちろん、ステルヴィオ、ワグネリアンともに広い東京に替わるのは好材料。しかし、最も“収穫あり”で1冠目を終えたのはキタノコマンドールだろう。

 というのも、ダービー出走の賞金ボーダーは一昨年が1500万円で、昨年は1750万円。キタノは現時点で1400万円だから、微妙な状況だった。

 それが、今年からダービーの優先出走権が見直され、皐月賞は④着以内→⑤着以内に拡大。⑥着グレイルとの鼻差の接戦で競り勝ったことで、大きく道がひらけたのだ。

 しかも、まだキャリア3戦。初の長距離輸送がありながら、プラス12㌔と体を増やしていたことを思えば、良化の余地も十分残している。

 今回は回避したダノンの存在もあるだけに、世代の頂点の行方はまだまだ分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る