日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【オークス】ディープで好配当!?

 NHKマイルCで13番人気リエノテソーロが②着して29万馬券が出たのに続き、先週のヴィクトリアマイルでは人気馬総崩れで91万馬券に。GⅠが大荒れモードに突入している。

 今年、これまでに6番人気以下が馬券に絡んだGⅠは5鞍。そのうち、3鞍で穴を出しているのが、意外や意外、ディープインパクト産駒だ。

 まずは大阪杯で②着したステファノス(7人)。勝った1番人気キタサンブラックとの組み合わせでも、馬単は3390円の好配当になった。

 皐月賞での大駆けはアルアイン(9人)。父だけでなく、池江厩舎、サンデーレーシングというブランド馬にもかかわらず、あまり人気がなく、100万馬券に。

 先週のヴィクトリアMでは③着のジュールポレール(7人)。ゴール前で武豊スマートレイアーをわずかにかわし、前記91万馬券の演出に一役買っている。

 オークスには2頭出走してきた。

 フローレスマジックはアルアインと同じサンデーレーシングの馬。重賞では②③③着で、クイーンC②④着馬はアエロリット、レーヌミノル。どちらも後にGⅠを勝っている。スイートピーS馬ブラックスビーチは現役としては新記録の12週連続勝利を達成した角居厩舎の管理馬。この勢いも見逃せない。

 またまたディープの穴馬が大駆けするかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事