宗教学者・島田裕巳氏語る 麻原は心つかむのがうまかった

公開日:  更新日:

地下鉄サリン事件(平成7年)

 地下鉄サリン事件の起こった1995年に日本女子大教授を退職した島田さんが、初めて麻原彰晃に会ったのは90(平成2)年だった。

「オウムが熊本県波野村(現・阿蘇市)に取得した土地の取引が、国土利用計画法に違反するとして教団の顧問弁護士が逮捕されました。それで、地元紙の記者が東京まで取材に来て、一緒に現地まで行くことになり、ホテルで会ったんです。鮮明に覚えているのは、目が見えないんだなってこと。あとから入室した麻原は、僕たちの存在にまったく気づいていない様子でした」

 麻原は、ほかの新宗教の教祖と全然違った。信仰に固執する様子がうかがえなかったという。

「融通無碍で、どこかさばけている感じでしたね。2度目に『朝生』(91年9月放送)で会ったときも、僕が幸福の科学の人に『神を信じない宗教学者に宗教を研究する資格がない』と批判されると、彼は『そういう人が淡々と研究するのが正しい』と言った。これは珍しいタイプです。相手に応じて態度を無限に変えられるので心をつかむのがうまく、一般の人とも普通に話ができた。とんねるずの番組に出演したときも、若い女の子に囲まれてキューティクルがどうとか、楽しそうに話している。そんな宗教家、いませんからね。オウムは全体としてもそうで、宗教らしからぬ集団でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る