ANAに続きJAL 飲酒副操縦士はなぜ最初の検査スルーできた

公開日:

 車だったら一発で“免許取り消し”だ。日本航空(JAL)の副操縦士(42)が飲酒による法令違反で、英国の警察当局に逮捕された事件。

 あらましはこうだ。副操縦士は現地時間の10月28日19時発のJAL44便に乗務するため、滞在先のホテルを出て、17時にロンドン・ヒースロー空港に到着した。

 副操縦士は空港内のオフィスで、統括機長、機長と運航計画を確認しながら、アルコール感知器に息を吹きかけ、呼気アルコール濃度が基準値以下であるかを検査。

「ここではアルコール反応は出なかったといいますが、第三者による検査ではなく、あくまでJAL独自の“セルフチェック”ですからね。本当にやったのかどうかも不明です」(関係者)

 そして18時15分ごろ、航空機へ移動する専用バスの運転手が、副操縦士の強烈な酒のニオイに気付き、空港の保安担当者に通報。駆けつけた警察官が改めて検査を行ったところ、副操縦士の呼気からは、JALが独自で定めている「呼気1リットルあたり0.1ミリグラム未満」の10倍近い「0.93ミリグラム」のアルコールが検出されたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る