• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

職員にヘッドロックや殺虫剤…明石市元部長の強烈パワハラ

 男女3人の部下がヘッドロックをかけられ、別の女性職員は殺虫剤のスプレー缶を向けられ、シュッ、シュッ――。とんでもない暴力公務員がいたものだ。

 部下10人に平手打ちや足蹴りなどの暴行、暴言、セクハラ行為をしたとして、兵庫県明石市は25日、元産業文化振興部長(59)を停職6カ月の懲戒処分にした。元部長は同日付で依願退職した。

 元部長は今年3月に開催された友好都市の交流団の歓迎会で、部下の男性職員の左足を靴のまま足蹴り。昼の公務で部下の仕事ぶりに不満を募らせ、酒が入り、つい足が出たという。

「公益通報制度に基づき、外部の弁護士が調査をしたところ、複数の職員が暴行の様子を目撃していたため、5月に総務局付参与に異動になった。元部長は『しっかりせい』という叱咤激励のつもりでやったそうですが、その後、職員28人に聞き取り調査を行った結果、文化・スポーツ部長だった2016~17年にかけ、10人の部下に対するパワハラやセクハラ被害がゾロゾロ出てきたのです」(市担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る