• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不審死の2週間前…野崎社長宅を訪問した男女2人組が

「社長のファンという男女が来て、社長が家に上げちゃったんです。来ていただけませんか?」

 若妻のさっちゃんから連絡があった。愛犬イブが亡くなり、新しくお手伝いになるという人が田辺に来た日のことだ。

 慌てて社長宅に行くと、60代半ばのラフな服装の男女が1階のリビングのソファに腰かけている。男性は沖縄の宮古島で暮らし、本土に来たのは生まれて初めてだと自己紹介した。女性は男性の友人で、北九州から来たという。

「熊野古道でも歩くんですか?」

 あまりにラフな格好なので聞いてみた。

「いやいや、ドン・ファンの本を読んで感動したので、会うのが目的でした。田辺駅で降りて、タクシーの運転手さんに野崎社長の自宅を聞いたんです。運転手さんには『社長の家はご不幸があって、無理かもしれませんよ』と言われましたが、家だけでも見たいと思いまして来たんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る