埼京線で痴漢するため…兵庫から“遠征”した36歳男の手口

公開日:  更新日:

 痴漢をするために、瀬戸内海の小さな島からわざわざ遠征してきたというのだから、ア然だ。

 JR埼京線の車内で痴漢をした強制わいせつ容疑で、派遣社員の佐伯和彦容疑者(36=兵庫県姫路市家島町)が13日までに、警視庁板橋署に逮捕された。

 佐伯容疑者は4月9日、午後7時2分新宿発・川越行きの通勤快速に乗り込み、埼玉県に住む22歳の女性の陰部を複数人で触っている様子を撮影しようとした疑い。

 佐伯容疑者はインターネットの「痴漢体験告白」掲示板で、午後7時2分を意味する「1902が最強」という書き込みを見つけ、その電車を選んだようだ。

「痴漢が一番やりやすく、逃げやすいとされる『1の1』といわれる先頭車両の一番前のドアから乗車。ちょうど帰宅時間の車内は乗車率200%近いスシ詰め状態でした。掲示板を見て集まったと思われる5、6人の男たちとグルになって被害者の女性を狙い、周りを囲みました。新宿駅から板橋駅に向かう9分の間に、男たちの手が女性の股間に延び、パンティーに手を入れ、代わる代わるまさぐった。佐伯容疑者はその集団痴漢の様子を撮影したかったようです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る