• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

埼京線で痴漢するため…兵庫から“遠征”した36歳男の手口

 痴漢をするために、瀬戸内海の小さな島からわざわざ遠征してきたというのだから、ア然だ。

 JR埼京線の車内で痴漢をした強制わいせつ容疑で、派遣社員の佐伯和彦容疑者(36=兵庫県姫路市家島町)が13日までに、警視庁板橋署に逮捕された。

 佐伯容疑者は4月9日、午後7時2分新宿発・川越行きの通勤快速に乗り込み、埼玉県に住む22歳の女性の陰部を複数人で触っている様子を撮影しようとした疑い。

 佐伯容疑者はインターネットの「痴漢体験告白」掲示板で、午後7時2分を意味する「1902が最強」という書き込みを見つけ、その電車を選んだようだ。

「痴漢が一番やりやすく、逃げやすいとされる『1の1』といわれる先頭車両の一番前のドアから乗車。ちょうど帰宅時間の車内は乗車率200%近いスシ詰め状態でした。掲示板を見て集まったと思われる5、6人の男たちとグルになって被害者の女性を狙い、周りを囲みました。新宿駅から板橋駅に向かう9分の間に、男たちの手が女性の股間に延び、パンティーに手を入れ、代わる代わるまさぐった。佐伯容疑者はその集団痴漢の様子を撮影したかったようです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  10. 10

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

もっと見る