数年前にも同じ公園に…新幹線殺傷の容疑者“野宿”の予兆

公開日:

 上松町の担当者がこう言う。

「木曽川沿いの辺り一帯が県立公園になっていて、観光客が立ち寄る場所から400~500メートル下流の山林の中にある、あずまやで寝泊まりしていた。住民から木曽署に『寝ている人がいる』と通報があり、警察官と一緒に職員が様子を見に行きました。あずまやへは美術公園から遊歩道を通って行けますが、土砂崩落があり、立ち入り禁止にしていた。危険ですし、クマや野生動物も出没するので、立ち退いてもらうようお願いしましたが、はっきりした返事をもらえなかった。翌日、あずまやにロープを張りに行ったところ、まだいましたが、しばらくしていなくなったそうです」

 立ち入り禁止の上、寒い時期で、地元住民もほとんど立ち入らず、目立たなかったようだ。そばには自転車と寝袋が置いてあり、祖母のキャッシュカードで現金を引き出し、徒歩10分ほどのコンビニで食料を調達しながら、約1カ月ほど滞在していたとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る