• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

数年前にも同じ公園に…新幹線殺傷の容疑者“野宿”の予兆

 上松町の担当者がこう言う。

「木曽川沿いの辺り一帯が県立公園になっていて、観光客が立ち寄る場所から400~500メートル下流の山林の中にある、あずまやで寝泊まりしていた。住民から木曽署に『寝ている人がいる』と通報があり、警察官と一緒に職員が様子を見に行きました。あずまやへは美術公園から遊歩道を通って行けますが、土砂崩落があり、立ち入り禁止にしていた。危険ですし、クマや野生動物も出没するので、立ち退いてもらうようお願いしましたが、はっきりした返事をもらえなかった。翌日、あずまやにロープを張りに行ったところ、まだいましたが、しばらくしていなくなったそうです」

 立ち入り禁止の上、寒い時期で、地元住民もほとんど立ち入らず、目立たなかったようだ。そばには自転車と寝袋が置いてあり、祖母のキャッシュカードで現金を引き出し、徒歩10分ほどのコンビニで食料を調達しながら、約1カ月ほど滞在していたとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る