• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

数年前にも同じ公園に…新幹線殺傷の容疑者“野宿”の予兆

「長野で2カ月間ほど自転車で放浪し、公園で野宿のような生活をしていた。(事件直前に)長野でナタと果物ナイフを買った。事件当日の午前中に長野から東京まで来て、夜になって新幹線に乗り込んだ」

 9日、東海道新幹線の車内で乗客3人が殺傷された事件。殺人容疑で送検された小島一朗容疑者(22=愛知県岡崎市)は神奈川県警の調べに対し、こう供述しているという。押収されたリュックサックからは、大量の衣服と寝袋などが見つかった。

 小島容疑者は昨年12月、「旅に出る」と言い残して外出したまま、祖母と暮らす自宅に戻ることはなかった。

■今年3月に雪の長野で職務質問を

 部屋には「人生においてやり残したこと 冬の雪山での自殺」と書かれたメモが残され、たびたび「死にたい」と口にしていたという。太いロープを持ち歩き、家出を繰り返していた。その後、小島容疑者は各地を転々。今年3月21日には小島容疑者によく似た人物が中央アルプスの玄関口、長野県木曽郡上松町の景勝地「寝覚の床」の付近で、警察の職務質問を受けていた。最低気温0・9度、小雨まじりの雪が舞う寒い日だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る