数年前にも同じ公園に…新幹線殺傷の容疑者“野宿”の予兆

公開日:

「長野で2カ月間ほど自転車で放浪し、公園で野宿のような生活をしていた。(事件直前に)長野でナタと果物ナイフを買った。事件当日の午前中に長野から東京まで来て、夜になって新幹線に乗り込んだ」

 9日、東海道新幹線の車内で乗客3人が殺傷された事件。殺人容疑で送検された小島一朗容疑者(22=愛知県岡崎市)は神奈川県警の調べに対し、こう供述しているという。押収されたリュックサックからは、大量の衣服と寝袋などが見つかった。

 小島容疑者は昨年12月、「旅に出る」と言い残して外出したまま、祖母と暮らす自宅に戻ることはなかった。

■今年3月に雪の長野で職務質問を

 部屋には「人生においてやり残したこと 冬の雪山での自殺」と書かれたメモが残され、たびたび「死にたい」と口にしていたという。太いロープを持ち歩き、家出を繰り返していた。その後、小島容疑者は各地を転々。今年3月21日には小島容疑者によく似た人物が中央アルプスの玄関口、長野県木曽郡上松町の景勝地「寝覚の床」の付近で、警察の職務質問を受けていた。最低気温0・9度、小雨まじりの雪が舞う寒い日だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る