• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1回で5万円注文も “紀州のドン・ファン”が花を愛したワケ

「花瓶を買ったから花を生けてくれ」

 急性覚醒剤中毒で亡くなった「紀州のドン・ファン」こと、野崎幸助氏(享年77)は地元で「無類の花好き」として知られていた。市内の花店関係者がこう言う。

「野崎さん宅に初めて花を持って行ったのが、20年前くらい。突然、電話がかかってきてね。で、どんな花が合うかと思って花瓶を見に行ったんだ。そしたら、(フランスのガラス工芸家)エミール・ガレの花瓶が置いてあって。値段は2000万円ぐらいと言っていたかな。『これは美術館に飾る花瓶であって、実際に花を挿すものじゃない』とやんわり断ったら、『そんなんいい』と怒っていたよ」

 以来、野崎氏から花の注文が度々、電話で入ったという。

「特別に思い入れや、こだわりを持っていた種類の花はなくて、とにかく『値段の高い花がほしい』と。1回に5万円分とか6万円分とか値段だけ言うので、適当に見繕って持って行った」(前出の花店関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る