• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

1回で5万円注文も “紀州のドン・ファン”が花を愛したワケ

「花瓶を買ったから花を生けてくれ」

 急性覚醒剤中毒で亡くなった「紀州のドン・ファン」こと、野崎幸助氏(享年77)は地元で「無類の花好き」として知られていた。市内の花店関係者がこう言う。

「野崎さん宅に初めて花を持って行ったのが、20年前くらい。突然、電話がかかってきてね。で、どんな花が合うかと思って花瓶を見に行ったんだ。そしたら、(フランスのガラス工芸家)エミール・ガレの花瓶が置いてあって。値段は2000万円ぐらいと言っていたかな。『これは美術館に飾る花瓶であって、実際に花を挿すものじゃない』とやんわり断ったら、『そんなんいい』と怒っていたよ」

 以来、野崎氏から花の注文が度々、電話で入ったという。

「特別に思い入れや、こだわりを持っていた種類の花はなくて、とにかく『値段の高い花がほしい』と。1回に5万円分とか6万円分とか値段だけ言うので、適当に見繕って持って行った」(前出の花店関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る