• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

若妻の手当聞き…1日1.5万円に上がったお手伝いさんの給料

「老衰だったのかな~」

 大阪から田辺に向かう車中で、社長は愛犬イブの死を悼んでいた。だが、お手伝いのKさんが殺したなどという言葉は一切口にしていない。

「16歳だからね~。この前、僕が見たときに、ちょっと痩せたのが気になったし、足元もおぼつかなかったよ」

「そうか……」

 昨年まで、社長は白浜にあるペットホテルを利用していた。しかし、春すぎごろから「あのホテルに預けると、どうもイブちゃんの様子がおかしいんや」と疑念を抱くようになる。昨年秋にKさんの父親が田辺市内の病院に入院すると、イブの世話をお願いするようになった。

「1泊7000円も取られるぐらいなら、Kさんに来てもらって世話をしてもらった方がいい」

 Kさんと社長は20年以上の付き合いになる。社長が東京で貸金業を始めたころ、会社を手伝っていたのがKさんだ。田辺市出身だが、六本木で水商売の世界に入り、ラウンジのママもやっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る