東海道新幹線3人死傷 電車内の“暴漢の刃”はこの手で防ぐ

公開日:

「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」――。9日夜、東海道新幹線車内で3人を殺傷した小島一朗容疑者(22)は動機をこう語ったという。小島容疑者は愛知県岡崎市で親族と同居していたが、1月に家出。「もう生きていても意味がない。死んでやる」と自殺をほのめかすセリフを吐いたとされる。

 10日に岡崎市の自宅に電話したところ、小島容疑者の伯父を名乗る男性が「何も分からない」と言いながら、「(小島容疑者の)母親、つまり私の妹が(小島容疑者を)育てないので、昨年9月、祖母が養子にした」と説明してくれた。

「小島容疑者の母は岡崎から一宮市に嫁に行き、同市で小島容疑者を出産。小島容疑者は14歳で支援施設に入所。19歳で機械修理会社に入るも、人間関係がうまくいかず、すぐに退職している。精神疾患を患って病院にも通院していた。キレやすい性格で、警察にたびたび保護されたそうです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る