なぜ愛犬イブの法要の日にお手伝いさんは激怒したのか?

公開日:

「Kさんが殺したんだ」――。

 愛犬イブが死んだとき、社長が、お手伝いのKさんに向かってそう言ったのは確かだ。しかし、それは冗談にしか聞こえなかった。誰も本気で殺したとは思っていない。

 私は5月7日の朝4時、社長から電話でイブの死を知らされている。社長は東京の聖路加国際病院で診察を受けるため、番頭のマコやんがハンドルを握るベンツに乗り、田辺から120キロほど離れた関西空港に向かっていた。本来なら自宅から15分ほどのところにある南紀白浜空港を利用すれば便利だが、便数が少なく通院には不向き。診察時間に間に合わせるために、関空から羽田に飛ぶのだ。

「きょうは会えないけど、あす一緒に田辺に行きましょうよ」

「そうか。じゃあ、よろしくお願い申し上げます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る