• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なぜ愛犬イブの法要の日にお手伝いさんは激怒したのか?

「Kさんが殺したんだ」――。

 愛犬イブが死んだとき、社長が、お手伝いのKさんに向かってそう言ったのは確かだ。しかし、それは冗談にしか聞こえなかった。誰も本気で殺したとは思っていない。

 私は5月7日の朝4時、社長から電話でイブの死を知らされている。社長は東京の聖路加国際病院で診察を受けるため、番頭のマコやんがハンドルを握るベンツに乗り、田辺から120キロほど離れた関西空港に向かっていた。本来なら自宅から15分ほどのところにある南紀白浜空港を利用すれば便利だが、便数が少なく通院には不向き。診察時間に間に合わせるために、関空から羽田に飛ぶのだ。

「きょうは会えないけど、あす一緒に田辺に行きましょうよ」

「そうか。じゃあ、よろしくお願い申し上げます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  10. 10

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

もっと見る