野次馬の車で渋滞…紀州のドン・ファン邸が今や観光名所に

公開日:

 すっかり観光名所になっているようだ。

「紀州のドン・ファン」こと、野崎幸助氏(享年77)の急性覚醒剤中毒死事件。連日、ワイドショーで取り上げられたためか、今や和歌山・田辺市の「ドン・ファン邸」は野次馬と化した見物人がひっきりなしに訪れる“名所”となっている。

 JR紀勢本線の紀伊田辺駅から徒歩15分ほどの住宅街にある「ドン・ファン邸」。日刊ゲンダイ本紙記者が10日、現地を訪れると、日曜日とあってか、自宅前に車で乗り付け、外観などをスマホ写真に収める人の姿が絶えなかった。

 中には「ドン・ファン邸」の駐車場に勝手に車を止め、車外に降りてスマホで自撮りする中年女性も。周辺の狭い路地は車で混雑し、ちょっとした渋滞ができていた。

 40~50代とみられる男性も、家の前でポーズを決めて連れの女性に写真を撮らせていたが、何を思ったのか、突然、服を脱いで上半身裸になり、鯉が描かれた背中の入れ墨を記者に披露。男性に話を聞くと、「地元で話題になってるから見物に来た。実際に見るとヤクザの事務所みたいですねぇ。え、ボク? ボクはヤクザじゃないっすよ。一般人です」と答えた。

 事件解決までこれが続くようじゃあ、近隣住民もタマッタもんじゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る