金融庁「登録拒否」1号 横浜・仮想通貨交換業者の実態

公開日:

 金融庁が7日、登録拒否「第1号」の決定を下した仮想通貨交換業者の「FSHO」。登録申請中の「みなし業者」で、金融庁からマネーロンダリング対策が不十分などとして、3月以降、業務停止命令と業務改善命令を2回ずつ出されていた。それにもかかわらず管理体制などが構築されなかったため、今回、登録を拒否された。

 信用調査会社によれば、FSHOは従業員がたった3人なのに、直近の売上高はナント44億円。一体どんな会社なのか、本社のある横浜市へ向かった。

 横浜駅から徒歩5分ほどの繁華街にある築31年のビルの9階の一室に、FSHOの事務所はあった。

 入り口でインターホンを押すと、茶髪でラフな装いの若い女性が出てきた。

「今現在、ここにはアルバイトしかいないので何も答えられないです。社員の方はどこに行って、いつ帰ってくるかわからないですねぇ。登録申請が拒否されたことについてコメントはありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る