金融庁「登録拒否」1号 横浜・仮想通貨交換業者の実態

公開日:

 金融庁が7日、登録拒否「第1号」の決定を下した仮想通貨交換業者の「FSHO」。登録申請中の「みなし業者」で、金融庁からマネーロンダリング対策が不十分などとして、3月以降、業務停止命令と業務改善命令を2回ずつ出されていた。それにもかかわらず管理体制などが構築されなかったため、今回、登録を拒否された。

 信用調査会社によれば、FSHOは従業員がたった3人なのに、直近の売上高はナント44億円。一体どんな会社なのか、本社のある横浜市へ向かった。

 横浜駅から徒歩5分ほどの繁華街にある築31年のビルの9階の一室に、FSHOの事務所はあった。

 入り口でインターホンを押すと、茶髪でラフな装いの若い女性が出てきた。

「今現在、ここにはアルバイトしかいないので何も答えられないです。社員の方はどこに行って、いつ帰ってくるかわからないですねぇ。登録申請が拒否されたことについてコメントはありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る