“紀州のドン・ファン”怪死で新事実 愛犬の埋葬で夫婦対立

公開日:

 愛犬イブの埋葬方法を巡り、“紀州のドン・ファン”夫妻がモメていた――。

 野崎幸助氏(享年77)が急性覚醒剤中毒で怪死したことに関連して、和歌山県警は7日、5月上旬に急死したイブの死因などを調べるため、自宅庭から死骸を掘り起こした。埋葬前に、野崎氏は「土葬」を、妻のSさんは「火葬」を希望し、意見が対立していたことが分かった。9日のスポニチやデイリースポーツが、イブの葬儀で読経した寺の住職の話として報じた。

 イブの死骸は県外の専門機関に運ばれ、死因の特定が行われている。イブはもがき苦しんで突然死したとみられ、薬物反応などが調べられている。

 イブが火葬されていたら、死因の特定は極めて困難になっていた。土葬されていたことに加え、土中では腐敗の進行が緩やかになることなどから、死因の特定が可能になった。「土葬」を主張した野崎氏は「何か」を予感していたのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る