• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“紀州のドン・ファン”怪死で新事実 愛犬の埋葬で夫婦対立

 愛犬イブの埋葬方法を巡り、“紀州のドン・ファン”夫妻がモメていた――。

 野崎幸助氏(享年77)が急性覚醒剤中毒で怪死したことに関連して、和歌山県警は7日、5月上旬に急死したイブの死因などを調べるため、自宅庭から死骸を掘り起こした。埋葬前に、野崎氏は「土葬」を、妻のSさんは「火葬」を希望し、意見が対立していたことが分かった。9日のスポニチやデイリースポーツが、イブの葬儀で読経した寺の住職の話として報じた。

 イブの死骸は県外の専門機関に運ばれ、死因の特定が行われている。イブはもがき苦しんで突然死したとみられ、薬物反応などが調べられている。

 イブが火葬されていたら、死因の特定は極めて困難になっていた。土葬されていたことに加え、土中では腐敗の進行が緩やかになることなどから、死因の特定が可能になった。「土葬」を主張した野崎氏は「何か」を予感していたのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る