“紀州のドン・ファン”怪死で新事実 愛犬の埋葬で夫婦対立

公開日:

 愛犬イブの埋葬方法を巡り、“紀州のドン・ファン”夫妻がモメていた――。

 野崎幸助氏(享年77)が急性覚醒剤中毒で怪死したことに関連して、和歌山県警は7日、5月上旬に急死したイブの死因などを調べるため、自宅庭から死骸を掘り起こした。埋葬前に、野崎氏は「土葬」を、妻のSさんは「火葬」を希望し、意見が対立していたことが分かった。9日のスポニチやデイリースポーツが、イブの葬儀で読経した寺の住職の話として報じた。

 イブの死骸は県外の専門機関に運ばれ、死因の特定が行われている。イブはもがき苦しんで突然死したとみられ、薬物反応などが調べられている。

 イブが火葬されていたら、死因の特定は極めて困難になっていた。土葬されていたことに加え、土中では腐敗の進行が緩やかになることなどから、死因の特定が可能になった。「土葬」を主張した野崎氏は「何か」を予感していたのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る