• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

豊満熟女に入れ揚げ…飛田新地“連続放火男”のトホホな動機

「料亭が火事になれば仕事が休めるだろう」……豊満熟女に入れ揚げ、思い込みで“ちょんの間”に火を放ったトホホな男が御用だ。

 大阪市西成区の歓楽街「飛田新地」の料亭に放火したとして、6日に現住建造物等放火などの容疑で大阪府警捜査1課に再逮捕されたのは、刺しゅう加工所作業員の北野充茂(みつしげ)被告(53=同府守口市)だ。

 北野被告は今年1月、飛田新地の“ちょんの間”に火をつけて全焼させ、5月に逮捕、起訴されていたが、昨年2月にも同じ料亭でボヤ騒ぎを起こしていた。

「動機は1月の放火の時と同じや。北野被告はその店のA子さんの常連客やったんやけど、『仕事がしんどい』いう話を聞かされ、火をつけて店が燃えたら『仕事せんでええんちゃうか』と思って放火した。A子さんにしたら、北野被告はぎょうさんおるお客のひとり。それやのに何度も店に通い、相当入れ込んどった。一方的に恋愛感情を持っとったんや」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る