資産は50億円…“紀州のドン・ファン”気になる相続の行方

公開日:

「50億円の資産はどうなるのか?」――。“紀州のドン・ファン”こと野崎幸助氏(77)が怪死したことで、資産の行方に注目が集まっている。

 野崎氏の資産は、現金や不動産、絵画などを含めて約50億円といわれる。野崎氏はバツ2。前妻との間に子供はいないが、自分のきょうだいが6人いる。

 法務省民事局によると、遺産相続は被相続人(この場合は野崎氏)が死亡した時点で権利が発生する。野崎氏の場合、法律の規定により、新妻のSさん(22)が遺産の4分の3を、きょうだいが4分の1を相続することになる。Sさんは37億円を相続することになるのだ。2月に結婚し、わずか4カ月で大金を手にすることになる。

 ただ、気になるのは野崎氏が殺された可能性があることだ。警察は他殺の可能性も視野に入れて捜査を続け、Sさん本人は「フライデー」の取材で、警察に13時間拘束されてウソ発見器にかけられ、「(覚醒剤を)食べ物に混ぜましたか」などの質問を受けたと告白している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る