渦中の新妻「さっちゃん」を困惑させる週刊誌の実名報道

公開日:  更新日:

 ドン・ファンが死んだ……連日ワイドショーで大々的に報道されているドン・ファン怪死事件。ドン・ファン(野崎幸助氏=享年77)の連載コラムが日刊ゲンダイに掲載される火曜日を楽しみにしていたものである。

「ボクはドン・ファンの秘書兼広報部長やね~」

「そうそう。頑張ってね~」

 そんなふうにやりとりをしながら取材・構成を担当してきた私は、都内の自宅で訃報を聞き、言葉を失った。ドン・ファンは死んでしまったが、本当のドン・ファンを知ってもらうために、ドン・ファンを一番よく知る者として筆を執る。

(ライター・吉田隆)

 ◇  ◇  ◇

 6月6日早朝、渦中の若妻さっちゃん(22)が、羽田空港に現れた。彼女は、6月2日に南紀白浜から羽田空港に飛び、新宿にある自宅マンションの家宅捜索に立ち会っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る