廃業旅館からテレビ15台盗む 30代夫婦の素性と切ない動機

公開日:

 不景気を絵に描いたような話だ。

 廃業した温泉旅館(写真はHPから=現在は閉鎖)から、液晶テレビ15台とプリンター1台(計8万円相当)を盗んだとして、長野県信濃町の土木作業員・大森良輔(38)と、妻で無職の直美(34)両容疑者が4日、建造物侵入と窃盗の疑いで新潟県警妙高署に逮捕された。

 単なるセコい窃盗事件にも思えるが、背後には、世知辛い現実があった。

「夫婦はこの旅館で、住み込みで働いていた元従業員なんです。旅館は3月30日に破産手続きを開始しており、廃業に伴って解雇された2人は、3月30日~4月7日ごろ、建物に侵入し、犯行に及んだとみられています」(捜査事情通)

 備品がなくなっていることに気付いた破産管財人の弁護士が警察に届け出て事件が発覚。被害品が近郊のリサイクルショップで売られていたことで足がついたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る