紀州のドン・ファン怪死 3カ月前の「ナンパ」と「離婚話」

公開日:  更新日:

「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏(享年77)が、和歌山県田辺市の自宅で怪死を遂げてからすでに10日以上。依然、死のナゾは解明されないままだ。

 今月2日と3日、22歳の妻Sさんと60代の家政婦の自宅に県警の家宅捜索が入ったことで、ワイドショーはますますヒートアップ。家政婦本人を直撃し、連日、センセーショナルに報じている。

 最新号の「フラッシュ」によると、Sさんから「離婚したい」と切り出された野崎さんは、金銭的な条件を含めた念書を交わして離婚を思いとどまらせていたという。

 その一方、野崎さんの知人によると、なかなか一緒に暮らそうとしないSさんに、野崎さんは業を煮やしていたという。結婚したばかりの2人は、あまりうまくいっていなかったのだろうか。

 野崎さんは中学卒業後、鉄クズやコンドームの訪問販売、酒類販売、不動産業、金融業などで一代で50億円ともいわれる財を築き、1998年には田辺市の高額納税者トップになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る