捜査1課が引く? 紀州のドン・ファン怪死に事件性ないのか

公開日:

 4000人の美女を抱き、「紀州のドン・ファン」と呼ばれた野崎幸助さん(77)の怪死事件――。遺体から多量の「覚醒剤成分」が検出されたことから、現地に報道陣が殺到している。1日、日刊ゲンダイ本紙記者が現地に行った時も、数人の記者が野崎さんの自宅前で待機していた。

 和歌山県田辺市で金融業などを営んでいた野崎さんは、大金持ちとして知られ、今年2月、55歳年下のモデル(22)と結婚したばかりだった。

 野崎さんは5月24日の夜10時ごろ、自宅2階の寝室の椅子の上で亡くなっていた。結婚したばかりの妻が発見した時、野崎さんは全裸だったという。自宅が荒らされた形跡はなかった。

 遺体から大量の「覚醒剤成分」が検出されたため、第一発見者の妻だけでなく、野崎さんの会社の従業員6人全員が警察に呼ばれ、尿検査をされ、腕などに注射痕がないか調べられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る