90歳が4人死傷させ逮捕 高齢ドライバーの事故いかに防ぐか

公開日:

 神奈川県茅ケ崎市の交差点で5月28日、車で4人をはねて死傷させ、逮捕された無職の斉藤久美子容疑者は、90歳だった。

 斉藤容疑者は「(自動車修理店の女性に)見送られ、待たせるのが申し訳ないと思い、赤信号だと分かっていたが、横断歩道だけ越えれば行けると思った」「家族から勧められたが、免許を返納するつもりはなかった」などと供述している。

 同日、北海道苫小牧市の交差点で女子中学生2人を車ではね、そのまま逃げた疑いで逮捕された無職の北川政幸容疑者は、80歳だった。

 2人とも高齢ドライバーだ。昨年3月、高齢者の事故対策をめぐって75歳以上のドライバーを対象に認知機能検査を強化した改正道交法が施行。「認知症の恐れがある」と判断された場合は医師の診察が義務化された。斉藤容疑者は3月上旬に運転免許を更新したばかりで、認知機能に問題はなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る