• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新潟女児殺害でウソ供述 容疑者の二面性と“空白7時間”の謎

■周囲も気づかなかった二面性

「最初に現場を見た捜査員らは、惨状に絶句したらしい。周囲の『おとなしくて真面目』といった小林評とは異なる二面性を感じます。遺体を損壊することで、どうしても隠蔽したかった“何か”がある。そう見る向きもありますね」(前出の捜査事情通)

 小林容疑者は、珠生ちゃんと同じ市立小針小出身で、中学では科学技術部に所属。ロボットコンテストの全国大会にも出場していたという。

 小林容疑者の同級生の姉という女性は「小中学生のころは弟と一緒によくゲームボーイで遊んでいましたね。優しくて静かな子だった」。前出の社長も「会社のバーベキューでも(他の社員の)子供らと普通に接し、しゃべっていましたが……」。

 心の闇は、われわれの想像以上に深そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る