新潟女児殺害でウソ供述 容疑者の二面性と“空白7時間”の謎

公開日:

■周囲も気づかなかった二面性

「最初に現場を見た捜査員らは、惨状に絶句したらしい。周囲の『おとなしくて真面目』といった小林評とは異なる二面性を感じます。遺体を損壊することで、どうしても隠蔽したかった“何か”がある。そう見る向きもありますね」(前出の捜査事情通)

 小林容疑者は、珠生ちゃんと同じ市立小針小出身で、中学では科学技術部に所属。ロボットコンテストの全国大会にも出場していたという。

 小林容疑者の同級生の姉という女性は「小中学生のころは弟と一緒によくゲームボーイで遊んでいましたね。優しくて静かな子だった」。前出の社長も「会社のバーベキューでも(他の社員の)子供らと普通に接し、しゃべっていましたが……」。

 心の闇は、われわれの想像以上に深そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る