• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新潟女児殺害でウソ供述 容疑者の二面性と“空白7時間”の謎

 珠生ちゃんの首には、絞められたような痕、口には、ふさがれたような痕が残っていた。

 勤務先の社長は「書類送検の件は知りませんでした」。事故をきっかけに会社に発覚することを恐れた可能性もある。いずれにせよ小林容疑者は、珠生ちゃんが7日午後3時すぎに行方不明になってから間もなく殺害したこともほのめかしている。

「JR越後線の電車が通過する合間を縫い、珠生ちゃんの遺体を線路上に横たえたのが、その日の夜10時20分ごろ~同10時半ごろです。約7時間の“空白の時間”に、小林容疑者は遺体を前に何を考え、何をしていたのか」(地元マスコミ関係者)

 小林容疑者の供述通り、勢い余って珠生ちゃんを殺害してしまったのだとしたら、なぜ、遺体を線路上に遺棄するような面倒、かつ残忍な犯行に及んだのか。それも謎だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る