盗んだ金塊はレプリカ…間抜けな窃盗団員のケチのつき始め

公開日:

 何から何までマヌケな「窃盗団員」だ。

 財布の中に覚醒剤を隠し持っていたとして、名古屋市の会社役員の石田無限容疑者(29)が9日、覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで愛知県警に再逮捕された。

 昨年6月12日、同市中村区のコンビニで財布の落とし物があった。届け出を受けた捜査員が確認したところ、中から袋に入った覚醒剤約2グラム(末端価格約12万円)が見つかった。財布は、窃盗罪などで起訴されている石田容疑者のものと分かった。石田容疑者はこれまで中部地方を中心に、窃盗事件を繰り返してきた窃盗団の一味。調べに対し、この期に及んで「よく思い出してみます」とトボけているのだから、まさに大物気取りだ。

 昨年5月下旬には名古屋市内の個人医院に侵入し、現金約9650万円と商品券や耐火金庫など計約1億1000万円を盗んだとして、長野県警に逮捕。同6月上旬には、飯田市内の食料品店に侵入して、計328万円が入った手提げ金庫とリュックサック、印鑑や通帳など13点を盗んだとして逮捕されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る