• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新潟小2女児殺害は「あすはわが子」…母親たちの切実な声

「黒い服のサングラスの男」の仕業なのか。

 7日夜に新潟市西区のJR越後線で小学2年生の大桃珠生ちゃん(7)が遺体で見つかった事件は「本当に痛ましい凶悪極まる事件」(栗生俊一警察庁長官)だが、「あすはわが子です」と話すのは、自身も小2の娘がいる生活経済ジャーナリストの柏木理佳氏だ。

 珠生ちゃんは、7日午後3時ごろに学校が終わり、同15分ごろに複数の友人と一緒に下校。自宅近くの踏切手前で友人と別れた。

「踏切から自宅までは子供でも数分の距離で、その間に連れ去られたとみられています。珠生ちゃんはその日の朝、友人に『黒い服のサングラスのおじさんに追いかけられた』と話していたそうです」(捜査事情通)

 珠生ちゃんが通う小学校では、1、2年生はほぼすべて、防犯ブザーを付けていたという。それで友人と集団で登下校しても、鬼畜どもは一瞬の隙を突いてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事