新潟小2女児殺害は「あすはわが子」…母親たちの切実な声

公開日:  更新日:

「黒い服のサングラスの男」の仕業なのか。

 7日夜に新潟市西区のJR越後線で小学2年生の大桃珠生ちゃん(7)が遺体で見つかった事件は「本当に痛ましい凶悪極まる事件」(栗生俊一警察庁長官)だが、「あすはわが子です」と話すのは、自身も小2の娘がいる生活経済ジャーナリストの柏木理佳氏だ。

 珠生ちゃんは、7日午後3時ごろに学校が終わり、同15分ごろに複数の友人と一緒に下校。自宅近くの踏切手前で友人と別れた。

「踏切から自宅までは子供でも数分の距離で、その間に連れ去られたとみられています。珠生ちゃんはその日の朝、友人に『黒い服のサングラスのおじさんに追いかけられた』と話していたそうです」(捜査事情通)

 珠生ちゃんが通う小学校では、1、2年生はほぼすべて、防犯ブザーを付けていたという。それで友人と集団で登下校しても、鬼畜どもは一瞬の隙を突いてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る