島根女性誘拐事件 72歳男が9カ月もノーマークだった理由

公開日:

 なぜ9カ月間も見つからなかったのか。

 昨年7月に、当時19歳だった島根県浜田市瀬戸見町の無職女性(20)を連れ去り、自宅に寝泊まりさせていたとして、同市原町の無職・佐々本薫容疑者(72)が4日、未成年者誘拐の疑いで同県警に逮捕された。

 佐々本容疑者は「誘拐したつもりはない」と容疑を否認しているが、近隣住民によると、佐々本容疑者と女性の自宅は「200メートルほどしか離れていない」というから、謎は深まる。

「被害女性には知的障害があり、昨年7月22日夜11時半ごろ、自宅近くのお寺であった神楽の演舞を見物後、弟さんらと帰宅中に行方が分からなくなってしまったのです」(捜査事情通)

 女性の家族は浜田署に行方不明届を提出し、昨年9月14日から公開捜査に。そして今月3日午後6時15分、近隣住民から「近くで女性の泣き声が聞こえる」という通報があり、同署員が佐々本容疑者の自宅アパートに駆け付けたところ、6畳間で佐々本容疑者と一緒にいる女性を発見したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る