フグ肝販売 愛知のスーパーは「鮮魚が安い」と人気上々

公開日:

「今後、フグは一切売りません」――社長はそう約束していた。

 愛知県蒲郡市の「スーパータツヤ」で販売が禁止されている肝臓入りのヨリトフグが売られていることが発覚。1月16日に県と県警にガサ入れされた。売れた5パックのうち2パックが未回収だと大騒ぎになったが、あれからどうなったのか。調査に当たった豊川保健所に聞いてみた。

「結局6パックの販売が確認されました。4パックは回収されましたが、2パックは消費されました。食べた2人から申し出がありましたが、いずれも健康に問題ありませんでした。スーパーは、県に出していたフグ処理施設の設置届を廃止しました。フグは扱わないことにしたようです。食中毒などの健康被害が起こったわけではありませんので、行政処分などは行っていません」(食品安全課担当者)

 ヨリトフグの肝臓は、トラフグに比べて毒性が弱く、地元では以前から食べられていたとも報じられたが、同保健所が管轄区域のスーパーを調査したところ、「ほかに販売は確認できなかった」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る