• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フグ肝販売 愛知のスーパーは「鮮魚が安い」と人気上々

「今後、フグは一切売りません」――社長はそう約束していた。

 愛知県蒲郡市の「スーパータツヤ」で販売が禁止されている肝臓入りのヨリトフグが売られていることが発覚。1月16日に県と県警にガサ入れされた。売れた5パックのうち2パックが未回収だと大騒ぎになったが、あれからどうなったのか。調査に当たった豊川保健所に聞いてみた。

「結局6パックの販売が確認されました。4パックは回収されましたが、2パックは消費されました。食べた2人から申し出がありましたが、いずれも健康に問題ありませんでした。スーパーは、県に出していたフグ処理施設の設置届を廃止しました。フグは扱わないことにしたようです。食中毒などの健康被害が起こったわけではありませんので、行政処分などは行っていません」(食品安全課担当者)

 ヨリトフグの肝臓は、トラフグに比べて毒性が弱く、地元では以前から食べられていたとも報じられたが、同保健所が管轄区域のスーパーを調査したところ、「ほかに販売は確認できなかった」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る