仮想通貨流出 コインチェック前社長は残留も“首の皮一枚”

公開日:

 1月26日に580億円分の仮想通貨NEMを流出させた「コインチェック」。4月16日付でネット証券大手「マネックスグループ」の傘下に入ったことで、創業者の27歳若社長、和田晃一良氏も“お役御免”かと思いきや、開発担当の執行役員として残留することに。巨額流出事件の責任者が会社に残ったのには、理由があるようだ。

「コインチェックは仮想通貨取引事業について、セキュリティーの甘さを除けば、国内トップクラスの技術を持っている。一方、マネックスは以前から仮想通貨取引事業に進出する計画を練っていましたが、ノウハウがない。当面は、勝手知ったる和田氏に実質的な運営を任せるということでしょう。将来的に“お役御免”になる可能性もあります」(業界関係者)

 “首の皮一枚”状態の和田氏だが、暮らしぶりは充実している。和田氏が昨年夏に入居した渋谷区の高級賃貸マンションはワンルームでも家賃50万円は下らない。JR渋谷駅から徒歩数分。アポなしで訪ねたら、受付の女性コンシェルジュは「プライバシーの観点から、何もお話しできません」とピシャリ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る