盗んだ車の座席に子供が…突然“誘拐犯”になった男の選択

公開日:

「容疑者が最低限の良心を持っていてくれてよかった」――。そんな安堵(あんど)の声が広がっている。

 米ユタ州ソルトレークシティー郊外で23日午前3時45分ごろ、ある女性がモーテルの駐車場に車を停め、エンジンをかけたまま鍵をかけず、チェックインするためにモーテルに入っていった。その様子を見ていた黒人の男がすぐさま、車を盗んで逃走、したのだが、州間高速道路80号線に入ったところで、男は後部座席に誰かいるのに気付いてギョッ! 女性の12歳になる息子だった。

 車ドロボーの男は知らないうちに“誘拐犯”になってしまったことにガク然。車を停め、ソルトレーク市警のパトカーがやってくると、合図をして停車させて自首。事情を説明し、逮捕された。子供はすぐに母親のもとに返された。

 23日付の米紙「マイアミ・ヘラルド」(電子版)によると、同市警に窃盗と誘拐の容疑で逮捕されたのは、ソルトレークシティー在住のフランシスコ・エスメラード(23)。別の罪で保護観察期間中だったので、保護観察違反容疑でも逮捕された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る