家族旅行装いコーヒー豆の袋に…覚醒剤密輸夫婦の大胆手口

公開日:

「キリンさんもライオンさんも見たことない」

 家族旅行に「利用」された子どもたちはこうつぶやいたという。

 審査が比較的緩い「家族旅行」を装い、覚醒剤を密輸していた夫婦が神奈川県警に逮捕されていたことが分かった。関税法違反と覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)などの疑いで23日、横浜地検に告発されたのは、ペットショップ経営の佐藤一貴(43)と妻で会社役員の夏美(34)両容疑者(いずれも同県座間市)。佐藤容疑者らは今月5日、羽田空港で覚醒剤約30キロ(末端価格約18億円)を密輸しようとした疑い。航空旅客機を利用した覚醒剤30キロの押収量は、国内で過去最大だという。

 佐藤夫婦と5歳の息子は先月末から7日間の予定で、ケニアに渡航。ジョモ・ケニヤッタ空港などでボストンバッグ2個を受け取り、前日4日、手荷物として預け、ドバイ経由で日本に帰国した。午後11時すぎ、入国審査を済ませ税関へ。職員から「どちらからですか」に尋ねられ、「ケニアです」と答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る