• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米テネシー州で4人死亡 29歳の“半裸男”が銃を乱射し逃亡

 米南部テネシー州ナッシュビルのレストラン「ワッフルハウス」で22日午前3時半(日本時間午後5時半)ごろ、上半身裸の男が銃を乱射し、少なくとも4人が死亡した。男は店内の客に銃を奪われて逃走し、ナッシュビル市警などが行方を追っている。

 同市警によると、容疑者はイリノイ州モートン在住のトラビス・レインキング(29)。犯行には、半自動ライフル「AR15」を使用した。脱ぎ捨てたコートには、銃弾の詰まった弾倉が2個残っていた。

 レインキング容疑者は軽トラックで「ワッフルハウス」の駐車場に乗り付け2人を射殺。続いて店内に侵入し発砲を繰り返した。4人が撃たれ、2人が死亡、残りの2人は病院で治療を受けている。写真は、銃弾で窓ガラスが割れた「ワッフルハウス」。

 男にタックルして銃を奪った男性客は、ジェームス・ショー・ジュニアさん(29)。「ヒーローだ」との称賛の声が集まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事