• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

千葉大附属病院でまた…34歳“盗撮”小児科医の手口と表の顔

 2016年、研修医らが居酒屋で20代女性に集団強姦事件を起こした千葉大医学部付属病院で、今度は非常勤の医師が「盗撮」で御用だ。

 8日、県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで千葉県警に逮捕されたのは、同付属病院小児科勤務の非常勤医師、石井崇浩容疑者(34=千葉市)。

 石井容疑者は日曜日の8日午後4時45分ごろ、JR千葉駅構内の上りエスカレーターで女性会社員(26)のスカートの中を、ペン型カメラで動画撮影した疑い。

 当日、駅を巡回していた私服姿の鉄道警察隊員が、あまりにも近い距離で、不自然に女性の後をつけている石井容疑者を不審に思い、後を追った。すると石井容疑者は駅ホームへの上りエスカレーターで女性の背後に立ち、シャツの胸元に忍ばせていたペンクリップカメラを操作し始めた。ちょうど斜め上に見える女性の太ももからスカートの内部にかけ、レンズの角度を調整しながら動画撮影した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事