• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ネズミが食べた? アルゼンチン警察で大麻540キロ消失の怪

 南米アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの郊外ピラルにある警察本部で奇妙な出来事が起きた。昨年、警察本部長が交代した際に、証拠を保管する倉庫にあった6000キロの乾燥大麻のうち、ナント約540キロが消失していることが発覚したのだ。

 横領などの疑惑が浮上したため、国家憲兵隊が責任者である前本部長ら4人を取り調べたところ、4人全員が口をそろえて「ネズミが食べた」と主張。警察の監察当局が“真偽”を調査しているという。9日付のアルゼンチン紙「ラ・ポリティカ」(電子版)などが報じている。

 もっとも、専門家によると、540キロもの大麻をネズミが食べれば死んでしまうので、“ネズミ犯行説”の可能性は低い。この2年間で、証拠保管倉庫でネズミの死骸が見つかったことはなかったという。

 これまでのところ前本部長らに懲戒処分などは下されていないが、来月、連邦裁判所に召喚されるそうだ。果たしてネズミの“冤罪”は晴らされるか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  9. 9

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  10. 10

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

もっと見る