• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西部邁さん自殺幇助 協力者2人は実刑判決を受けるのか?

「起訴されるのか?」「どんな判決を受ける?」――。こんな疑問が聞こえてくるのが評論家・西部邁氏(当時78)の自殺幇助事件だ。

 西部氏の遺体は1月21日未明に大田区田園調布5丁目の多摩川付近で発見された。胴体に安全作業用のハーネスが取り付けられ口にはネックウオーマーが巻かれていた。

 今月5日、警視庁は西部氏が出演していたテレビ番組のプロデューサーだった窪田哲学(45)と、会社員・青山忠司(54)の両容疑者を自殺幇助容疑で逮捕、7日に送検した。

「青山容疑者は西部氏が主宰していた私塾の塾頭で、勤務先の会社からハーネスを持参。自殺の夜、西部氏が新宿から多摩川に移動するクルマを運転していた。窪田容疑者はハーネスにロープを結び付けたことを認めている。ネックウオーマーを口に巻いたのも窪田容疑者のようです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  9. 9

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  10. 10

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

もっと見る