• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

堀なく刑務官5人だけ 受刑者逃走した松山刑務所の管理方法

「塀のない刑務所」で有名だったという。

 8日、愛媛・今治市の松山刑務所大井造船作業場から、平尾龍磨受刑者(27)が脱走した事件。県警などによると、同日午後7時ごろ、無施錠の作業場の1階廊下の窓から逃走した可能性があるという。その後、今治市内で乗用車と現金が盗まれる事件が発生。盗難車は尾道大橋付近で見つかったが、県警は平尾が逃走に使ったとみて、周辺自治体を中心に行方を追っている。

 松山刑務所によると、大井造船作業場はもともと民間の造船所を間借りしたもので、作業している受刑者は対人関係などに問題がないと判断された模範囚。特徴的なのは、その矯正方法だ。

 作業場では、受刑者の日常生活を鍵や塀で徹底管理する「ハード」ではなく、刑務官が受刑者の人間関係や刑務作業の様子を細かく観察したり、面接で一人一人の心理状況を分析したりするなど「ソフト」を重視した矯正に力を入れてきた。そのため作業場の周辺にも高い塀は設けず、作業の終わりの点呼なども受刑者を信用して任せてきたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  9. 9

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  10. 10

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

もっと見る