「帰らなアカンのや~」終電に“へばりつき男”の動機と代償

公開日:

 まったく人騒がせな御仁だ。

 酒に酔った状態で最終電車にへばりついて緊急停止させ、引き離そうとした駅員に抵抗したとして、会社員の長尾茂樹容疑者(44)が3日、威力業務妨害の疑いで兵庫県警に逮捕された。

 3日午前1時すぎ、JR三ノ宮駅構内では最終電車を知らせるアナウンスが流れていた。明石市西明石西町に住む長尾容疑者もエスカレーターを駆け上がり、姫路方面行きホームへ向かった。が、時刻はすでに定刻の1時6分を1分回り、西明石駅行きの普通最終電車のドアは閉まっていた。まさに電車が出発しようとしたその時、あろうことか、長尾容疑者は先頭から3両目のドアをドンドン叩きながら「開けてくれ~。頼むわ~。何で開けてくれへんのや~」と、叫び出した。

 ホームにいた駅員が慌てて駆け寄り「お客さん、危ないですよ。もうご乗車いただけません。危険です」と引き離そうとしても、その制止を振り切り、発車した電車にもたれかかったまま一緒に歩き始め、「開けてくれ~。コレに乗って帰らなアカンのや~」と言って窓を叩き続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る