• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鍋パーティーで集団リンチ 殺人未遂で逮捕“鬼女”の正体

 仲間からも恐れられる存在だった。

 大阪府茨木市の住宅で元従業員の男性に集団で暴行を加えたとして、職業不詳の田中美智子容疑者(38)と会社員の串山和彦容疑者(31)ら男3人が2日、殺人未遂の疑いで府警捜査1課に逮捕された。犯行現場となった住宅は昨年12月まで田中容疑者が経営していた元居酒屋。自宅から100メートルほどのところで、田中容疑者はそこに元従業員でアルバイトの岡林昌法さん(40)を住まわせていた。

「先月30日午後7時すぎ、店で知り合った串山容疑者ら3人を加えた計5人で鍋パーティーを始めた。すると田中容疑者が居酒屋時代の岡林さんの勤務態度や、別の店でツケで飲んでいることに逆上し、『コラおまえ、ロクに働きもせんと、カネもあらへんくせにツケで酒を飲みやがって』と年長者の岡林さんの頭を蹴ったり、踏みつけたりした。それでも飽き足らなかったようで、岡林さんの手や足に鍋の中身や熱湯をかけた。暴行は深夜まで続き、動けなくなった岡林さんを放置したまま、午前1時すぎ、皆自宅に帰った」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事