• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自殺願望少女を殺人未遂 逮捕の男は座間事件の模倣犯か

「座間9遺体事件の模倣犯か」――ネット上ではそう言われている。

 殺人未遂や未成年者誘拐などの疑いで3日、警視庁八王子署に逮捕された新聞配達員・斎藤一成容疑者(28=東京都八王子市久保山町)。

 斎藤容疑者は昨年末から、ツイッターで「死にたい」と自殺願望をほのめかしていた10代少女と連絡を取り合うように。「殺してあげる」と誘い出し、仕事が休みだった2日に都内の駅で待ち合わせ。同日夕、勤めていた新聞販売店の寮の自室に連れ込み、手やビニールひもで少女の首を絞めて殺そうとした疑いだ。

「手口は座間事件とほぼ同じですが、斎藤容疑者は途中で首を絞めるのをやめ、乱暴しようとした。“本番行為”には及んでいないようですが、斎藤容疑者は翌3日午前2時ごろ、少女を放置したまま、何食わぬ顔で新聞配達へ出かけた。少女はその隙に逃げ出し、関東に住む父親に『助けて』と電話。連絡を受けて駆けつけた警察官が、寮近くの路上で少女を保護しました」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る