• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大阪・箕面の4歳児虐待死 同居男女3人の“謎の関係”と前科

 大阪府箕面市の集合住宅で筒井歩夢ちゃん(4)が暴行を受けて殺害され、いずれも無職で母親の筒井麻衣(26)、交際相手の松本匠吾(24)、大倉敏弥(20)の3容疑者が25日、大阪府警に殺人容疑で逮捕、送検された事件。亡くなった歩夢ちゃんの体には、50カ所ほどのアザがあり、日常的に暴行を加えられていたことが、捜査関係者への取材で分かった。

 事件は24日午後から25日未明にかけて起こった。松本容疑者と大倉容疑者が歩夢ちゃんの腹を殴り続けているうちに、グッタリしたため、麻衣容疑者が「長男が息をしていない」と110番。その直前、麻衣容疑者は松本容疑者と大倉容疑者に「あんたらすぐに出て行きい」と指示し、2人を部屋から逃がしたという。歩夢ちゃんはすぐに病院に運ばれたが、死亡が確認。部屋にいた2歳の弟も全身に殴られたアザがあり、緊急搬送されたが、命に別条はなかったという。松本容疑者と大倉容疑者はその後、交番に出頭し、逮捕された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事