日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初詣の客足を心配する声 4人殺傷事件の富岡八幡宮は今

 今月7日に東京都江東区の富岡八幡宮で起こった4人殺傷事件。宮司の富岡長子さん(58)が、弟で元宮司の茂永容疑者(56)に日本刀で殺害された“お家騒動殺人”である。2018年の初詣は、参拝客が激減するとみられている。容疑者が「死後も怨霊となり、永遠にたたり続ける」と書き残して自刃した事件の後、現場はどうなっているのか。26日現場を訪れた。

 現場は、東京メトロ東西線・門前仲町駅から徒歩2分ほどで、居酒屋や甘味処、そば屋などの飲食店が立ち並ぶ「深川仲町通り商店街」の近くだ。平日の昼過ぎでも人通りは絶えないが、商店街の店主らは「初詣の参拝客がどれだけ来るか心配」だという。近所で飲食店を営む70代の女性が肩を落としてこう語った。

「商店街に立ち並ぶお店はどこも、三が日と8月のお祭り(深川八幡祭り)が一番のかき入れ時。特に正月は水を飲む暇もないぐらい毎年忙しいの。三が日に来るお客さんの多くは参拝客だから、初詣に来る人が減ればお客さんも減ってしまう。なんでこんな事件になってしまったのか……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事