• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初詣の客足を心配する声 4人殺傷事件の富岡八幡宮は今

 今月7日に東京都江東区の富岡八幡宮で起こった4人殺傷事件。宮司の富岡長子さん(58)が、弟で元宮司の茂永容疑者(56)に日本刀で殺害された“お家騒動殺人”である。2018年の初詣は、参拝客が激減するとみられている。容疑者が「死後も怨霊となり、永遠にたたり続ける」と書き残して自刃した事件の後、現場はどうなっているのか。26日現場を訪れた。

 現場は、東京メトロ東西線・門前仲町駅から徒歩2分ほどで、居酒屋や甘味処、そば屋などの飲食店が立ち並ぶ「深川仲町通り商店街」の近くだ。平日の昼過ぎでも人通りは絶えないが、商店街の店主らは「初詣の参拝客がどれだけ来るか心配」だという。近所で飲食店を営む70代の女性が肩を落としてこう語った。

「商店街に立ち並ぶお店はどこも、三が日と8月のお祭り(深川八幡祭り)が一番のかき入れ時。特に正月は水を飲む暇もないぐらい毎年忙しいの。三が日に来るお客さんの多くは参拝客だから、初詣に来る人が減ればお客さんも減ってしまう。なんでこんな事件になってしまったのか……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る