日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女児に催涙スプレー 市役所職員の男“スピード逮捕”のウラ

 許しがたい事件だ。

 帰宅途中の8歳の小学女児の顔にスプレー缶の液体を吹きかけた傷害の疑いで、和歌山県田辺市役所の臨時職員、宮下裕介容疑者(20)が20日、同県警に逮捕された。

 宮下容疑者は19日午後3時10分ごろ、同市上芳養の県道でドアを開けて車を降り、1人で歩いていた女児に近づき、「この辺りにトイレはありますか?」と声を掛けた。そしていきなり手に持っていたスプレー缶を女児の顔に向け、液体を噴射。そのまま車に乗り込み、逃走した。2人に面識はなかった。

 女児はその場で「痛い、痛い」と泣き叫び、悲鳴を聞いた近所の住民が女児の家族に電話。家族から連絡を受けた小学校の職員が「小学生の女の子が液体をかけられ、顔が痛いと訴えている」と119番したという。

 液体は催涙スプレーで、女児は顔の皮膚がただれ、全治3カ月の大けが。リンゴのように真っ赤に腫れ、炎症を起こしている状態らしいが、傷跡が残る心配はないそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事