早朝にホテル訪問 わいせつ疑惑町長と女性記者の間に何が

公開日:  更新日:

 岩手日報社(盛岡市)は6日付の紙面で、同社の女性記者が岩手県岩泉町の伊達勝身町長(74)からわいせつな行為を受けたと報じた。

 ドン、ドン、ドン、ドン――。

 10月中旬の朝6時すぎ、静まり返った岩泉町内のホテルの廊下で、部屋のドアを何度も叩く音が鳴り響いた。

「こんな朝早く、一体何事だろう」

 女性記者がいぶかしがりながらドアを開けると、そこには見覚えのある男性が立っていた。伊達町長だった。町長はいきなり部屋に入り、女性記者に抱きつき、何度もキスをしてきたという。町長は車で5分ほどの自宅から、ホテルに向かったとみられている。

 町長は7日の記者会見で「8月末ごろから幻覚や幻聴に悩まされており、(自宅で)起床して顔を洗おうとした際、(頭の中で女性の)『助けてー』という声が聞こえた気がしたので駆け付けた」と説明。「病とはいえ社会通念上、許される行為ではない。心から謝罪する」と述べたが、キスをしたことについては「私の認識としては、していません」とトボけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る